読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futuretrip

様々なイベントやおすすめスポットを紹介しています。

2016年台風9号ミンドゥルの最新進路と対策は?

8月19日午後3時にマリアナ諸島で熱帯低気圧が

台風9号に変わりました。

 

 

f:id:hornet006:20160819195258j:plain

 

台風9号の今後の進路は?

 

台風9号は中心付近の気圧994ヘクトパスカルで最大風速

18メートル/秒で現在関東付近に接近してきています。

 

 

現在の状況は1時間におよそ15キロの速さで北に進んでおり、

今後も発達しながら北に向かって進んでおり、20日土曜日には

小笠原諸島に上陸し、21日の日曜日午後3時には父島へ、

22日月曜日の午後3時には台風7号に引き続き、関東の南へ進むと

予想されます。

 

 

海上では波が次第に高くなり、

風も強まると想定されるので厳重な注意が必要です。

 

 

台風の名前の由来は?

 

台風9号の名前は「ミンドゥル」と呼ばれていますが、

この名前の由来は北朝鮮が用意した「ミンドゥル」で

「たんぽぽ」という意味だそうです。

 

 

 

台風対策5つのポイント

 

台風の場合、一番けがや事故につながりやすいのが、

窓周辺です。

 

1つ1つしっかりと注意して台風に備えましょう。

 

1つ目のチェックポイントとして

 

1.雨戸のがたつきをチェック

 

雨戸がガタガタしていて風によって飛んでしまうケースが

度々あります。

 

 

日常的に雨戸を使用されていないお宅は、

雨戸が閉まらないというケースもあるので早めに雨戸をチェックしておきましょう。

 

 

2.ベランダの片付け

 

 

2つ目はベランダの片付けです。

 

ベランダにある鉢植えや物干しざおは台風が来る前に先に

家の中にしまっておきましょう。

 

 

落下事故や窓が割れたりするケースもあるので十分注意が必要です。

 

 

3.浸水への備え

 

大雨で屋内の浸水があった場合は、

貴重な家財や壊れやすい家財は高い場所に移動してください。

 

 

4.非常時の備蓄確認

 

非常時に大事なものは懐中電灯、水、食料です。

 

もしない場合は台風の前にコンビニで懐中電灯や

インスタント、水、お菓子などは買いこんでおきましょう。

 

特に水や食料は最低3日間は用意しておきたいところです。

 

早め早めに行動して買い込みましょう。

 

 

5.保険証券の確認

 

保険証券の確認を忘れている方が結構いますが、

住宅火災保険や住宅総合保険に加入している場合は、

「いくら以上の損害」で補償できるのかしっかりと確認しておきましょう。

 

実際にあるケースとして、

「○○円以上の損害がないので保険の適用が出来ない。」、

「○○円以上だったのに保険が適用できなかった。」というケースが多々あります。

 

そのような事を防ぐためにも事前に保険に加入しておきましょう。