読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futuretrip

様々なイベントやおすすめスポットを紹介しています。

京王プラザホテルのガーデンプールで夏満喫!料金や楽しみ方は?

ここ数年流行っている都内にあるホテルの

中にあるガーデンプールやガーデンプール。

 

都会の中心で自然なオアシスを体感するというのですが、

その中でも一番リーズナブルで立地が良いのは

恵風プラザホテルのスカイプールです。

 

 
f:id:hornet006:20160819005952j:image

 

今回は京王プラザのスカイプールでの楽しみ方や

持っていくモノ、料金などを紹介していきます。

 

 

京王プラザホテルのアクセス方法は?

 

京王プラザのアクセス方法は、

電車の場合、JR新宿駅の西口から徒歩で5分、

都営大江戸線都庁前駅から徒歩で1分の所にある

好立地です。

 

 

時間も20時まで営業していて、

17時以降でしたら料金も70%オフの1200円で

入場することが出来ます。

 

 

 

それでは詳しい京王プラザホテルのスカイプール利用料金や営業時間についてみていきましょう。

 

 
f:id:hornet006:20160819010012j:image

 

 

京王プラザホテルのスカイプール利用料金と営業時間は?

 

 

場所の住所は

東京都新宿区西新宿2−2−1(〒163−8330)

 

です。

 

 

営業時期間は2016年の6月25日〜9月11日までやっています。

 

 

利用時間は朝の9時〜20時までやっており、

入場は19時半までとなります。

 

 

気になる入場料ですが、

 

9時〜15時までの時間で平日は

大人が5000円、子供が2500円、

土日祝日は大人が7000円、子供が3500円です。

 

15時〜20時までの場合、平日は

大人が3000円、子供が1500円、

土日祝日の場合、大人が4000円、子供が2000円となります。

 

 

京王プラザホテルスカイプールへの行き方 

 

 

まずは京王プラザの本館に向かい、

エレベーターで7階まで上りましょう。


f:id:hornet006:20160819004950j:image

 

7階に着いたらプールの入り口と

受付があるのでそこで受付を済ませます。

 

 

17時以降は料金が安くなるので、

日によっては混み合います。

 

 

料金を支払ったらロッカーのカギとバスタオルを1枚

もらうことが出来るので更衣室で着替えましょう。

 

 

因みに男子更衣室の広さは大人6人くらいが

入ることが出来る広さです。

 

シャワーブースではシャンプーやリンス、

ボディーソープが無料で付いており、

ドライヤーも無料で無料で使うことが出来ます。

 

 

着替えたら早速プールに向かいましょう。

 

 

プール入り口では浮き輪やビート板を無料で

貸し出しています。

 

 

京王プラザホテルのスカイプールを利用してみて

 

 

京王プラザホテルのスカイプールには

10代〜20代前半の若者が多く、男女比は3:7と

女性のほうが多い印象でした。

 

 

 

流行りのホテルニューオータニのナイトプール!料金や持っていくものは?

今、夏限定で開かれているホテルニューオータニの

ナイトプール。

 

昼間は外国人客や家族連れの方が多いのですが、

夜からは雰囲気がガラッと変わります。

 

 


ホテルニューオータニ POOL by NIGHT THE"O"LOUNGE

 

 

ホテルニューオータニのアクセス方法は?

 

 

ホテルニューオータニは東京都千代田区にある大型のホテルです。

 

 

ここのプールが夏限定で「ナイトプール」としてオープンします。

 

2016年の営業時間は7月22日(金)から9月10日(土)までです。

 

 

電車でのアクセス方法は、

東京メトロ銀座線、丸の内線の赤坂見附駅のD紀尾井町口から徒歩3分、

東京メトロ半蔵門線、南北線の永田町駅から7番出口で徒歩3分、

東京メトロ有楽町線の麹町駅か2番出口で徒歩6分、

JR中央線、総武線、東京メトロ丸の内線、南北線の四ツ谷駅から麹町口、赤坂口で徒歩8分の所にあります。

 

 

都内でナイトプールやガーデンプールを開催している所は、

沢山ありますがこれからホテルニューオータニのナイトプールの楽しみ方を

紹介していきます。

 

 

ホテルニューオータニの魅力

 

ホテルニューオータニのナイトプールはここ数年大人気で、

2015年までは平日5500円とリーズナブルだったのですが行列が出来る程の人気ぶりで

今では昼間のビジター利用者は平日15000円、休日20000円です。

 

 

18時以降はナイトプールの時間帯となり、

平日利用者は8000円、土曜日は10000円と50%オフでラグジュアリーな

ナイトプールを楽しむことが出来ます。

 

 

f:id:hornet006:20160818130411j:plain

 

 

週末はDJイベントが開催される日もあり、

渋谷や六本木のクラブのような雰囲気で盛り上がる事が出来ます。

 

 

 

ホテルニューオータニのナイトプールの利用法

 

ホテルニューオータニの利用方法はまず、

レジでお会計を済ませた後、バスローブとバスタオル、

ロッカーキーを受け取って水着に着替えます。

 

 

そしてプールに行きましょう。

 

 

中のプールはライトアップされていて、

とにかく綺麗です。

 

 

f:id:hornet006:20160818130800j:plain

 

 

都会に囲まれており、ラグジュアリー感満載で、

とにかく大人の女性の雰囲気を味わう事が出来ます。

 

 

f:id:hornet006:20160818130837j:plain

 

 

東京にいるとは思えないほど雰囲気は違っており、

リゾート感が満載です。

 

 

 

プールの水は温かく、水の上を浮いているだけで

雰囲気を楽しむことが出来て癒されます。

 

 

浮き輪やビーチボールで遊ぶことも出来るので、

プールそのものを堪能する事もできます。

 

 

ホテルニューオータニのナイトプールには

飛び込み台も設置されております。

 

皆が飛び込む姿を見るので、

注目の的ですが飛び込んでみると気分爽快です。

 

 

 

遊びの休憩にプールサイドでレストラン

 

 

ホテルニューオータニには、

プールサイドで食事をするスペースがあります。

 

 

プールサイドの席は雰囲気抜群で水着を着たまま、

バスローブを羽織って食事を楽しむことが出来ます。

 

 

f:id:hornet006:20160818131444j:plain

 

 

 

それでは最後にホテルニューオータニのナイトプールを存分に楽しむために、

持っていくものをチェックしましょう。

 

 

ナイトプールに持っていくと便利なモノは?

 

 

ホテルニューオータニのナイトプールで持っていかなければいけないものは、

水着とお金(笑)です。

 

 

バスタオルやバスローブはレンタルできるので、

困る必要はありません。

 

 

またお肌の心配をされている人がいるかもしれませんが、

女子更衣室にはドライヤーとスキンケア用品が完備されています。

 

 

また、

アメニティグッズもあるので心配ありません。

 

 

後大事なものは貴重日楡の防水小物入れです。

 

プールサイドでレストランは食事が楽しめるほかに、

ドリンクも購入する事が出来ます。

 

現金かクレジットカードを使う事が出来るんド絵、

何か水に濡れても良い小物入れケースが必要でしょう。

 

 

終了間際はロッカールームやシャワーが込み合います。

 

30分前まではそれほどでもないので、

混雑が嫌な人はそれまでに出るようにしましょう。

 

 

ぜひホテルニューオータニのナイトプールでリッチなリゾート気分を

味わってみて下さい。

 

 

【東京】今流行の夏の夜遊び「ナイトプール」!都内厳選おすすめ3選は?

女子大生やOLの間で密かにブームになっているのが「ナイトプール」。

 

昼のプールとは雰囲気が違い、

大人な雰囲気を堪能する事が出来ます。

 

場所はほとんど訪れない高級ホテル。

 

その場所でリッチな気分を満喫する事が出来て、

プールサイドでDJの音楽を聴きながらカクテルやシャンパンを楽しんだりするのが

魅力です。

 

 

f:id:hornet006:20160818121834j:plain

 

 

今回は数年前からブームになっているナイトプールの

オススメ3選を紹介していきます。

 

 

 

ナイトプールオススメ3選

 

まず1つ目のおすすめナイトプールは

 

1.ホテルニューオータニ

 

ホテルニューオータニは赤坂にある

歴史のあるホテルです。

 

 

昼間は宿泊している人や家族、カップル、海外の人などが

利用していますが夜になると一気に雰囲気が変わります。

 

 

 

DJが音楽を流し始め、大人な雰囲気に一変します。

 

2階デッキもついており、

水着でレストランを楽しめるほかにプールサイドでビールやカクテル、

シャンパンを飲むことが出来ます。

 

 

 

料金は平日8000円(NOC会員は6000円)、

土曜日と8月8日~12日は10000円(NOC会員は8000円)で

楽しむことができます。

 

 

バーテンダーによるフレアバーテンディングやDJの音楽で

会場をより盛り上げてくれます。

 

 

 

2つ目のナイトプールお勧めスポットは、

 

2.ANAインターコンチネンタルホテル東京

 

です。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京と言えば、

六本木に建設されている最高級のホテルです。

 

その場所にある4階のガーデンプールが期間限定で

開放されています。

 

 

高級ホテルなので、

設備もしっかりとしていて、都会の真ん中で

自然に彩どられる「都会のオアシス」を堪能する事が出来ます。

 

 

普段は19時までの営業ですが、

夏の期間は21時まで営業しているので夏の夜を高級ホテルの

ガーデンプールで楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

料金は宿泊者が4000円、ビジターは7000円(平日)、18時以降は5000円、

土日、祝日は14000円となっており、少し高いですが優雅に夏の夜を大都心の

真ん中で満喫する事が出来ます。

 

でひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

f:id:hornet006:20160818122957j:plain

 

 

最後のおすすめナイトプールスポットは

 

3.京王プラザホテルスカイプール

 

です。

 

 

このホテルは新宿に位置しており、

新宿駅から歩いて10分弱の所にあります。

 

この場所から東京都庁も見る事が出来て、

京王プラザホテルの7階に「スカイプール」があります。

 

 

昼間は外国人客や家族連れの方が多く利用しますが、

夕方からはゆっくりスカイプールで楽しむことが出来ます。

 

 

f:id:hornet006:20160818123807j:plain

 

 

京王プラザホテルのスカイプールの魅力は

他の2つのホテルと比べて断然安いことです。

 

平日1日利用すると4000円かかってしまいますが、

ナイトプールの場合、70%オフの1200円だけで済みます。

 

 

他のホテルと違って飲食の利用はする事が出来ませんが、

バスタオルや浮き輪のレンタル、水着のレンタルもあるので

ふらっと立ち寄る事もも出来ます。

 

 

f:id:hornet006:20160818123819j:plain

 

 

また他にもリゾート気分を味わう事が出来る

ラグジュアリープールがホテルイースト21にあります。

 

ここのガーデンプールは貴族の庭園をイメージして作られており、

ラグジュアリーな空間を楽しむことが出来ます。

 

 

プールには温水ジャグジーがついており、

のんびりと過ごせるメインプールと全長48mあるラップルールが用意されています。

 

 

思い出作りに一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

f:id:hornet006:20160818124248j:plain